餃子のハルピンは昨年末で開店33年を迎えました。長いようで、あっという間だった年月を振り返ると、実は、いろいろな出来事が沢山あったことに気づかされます。思い出に残るイベントを雑誌(敬称略)と共に振り返ります。
店舗の歴史
第一店舗:1982−1998(16年間)
★店舗は賃貸で借用していました。現在は別の方が経営されてます。
るるぶ(1990年)より抜粋
Stacks Image 220
第二店舗:1999−2002(3年間)
念願だった初の自社店舗。現店舗に建替えをしたので、今はありません。
danchu(1999年)より抜粋
Stacks Image 218
第三店舗:2002−現在(14年間)
★理想の店舗を作るべく新築しました。毎日手入れしているので、建物は今でも新品です。
激ウマ餃子(2009年)より抜粋、店主:二宮千鶴の写真はdanchu(2006年)より抜粋
Stacks Image 94
餃子の歴史
★初期の餃子は7種類で以下の写真+ニラ餃子でした。
Hanako(1992年)より抜粋
Stacks Image 599
★「餃子のハルピン」が新餃子を開発する度に、雑誌、テレビで大きく話題を呼びました。
鮭餃子:1997年に開発、東京1週間で取材を受けて人気化!
トマト餃子:2003年に開発、danchuで紹介されブームとなる!
ホタテ餃子:2003年に開発、食楽で紹介され定番餃子となる!
大葉餃子:2006年に開発、後にナムコ餃子スタジアムで評判!
Stacks Image 601